ヒント【効果的な暗譜の方法】-01

 

このところ、楽譜を読むことを
テーマにしていますが、
これはもちろん暗譜にも役立ちます。

 

指の形だけで暗譜している人も
少なくないのですが、
できれば楽譜でも
覚えておきたいものです。

 

ただ、勘違いしないでほしいのは
指の形で覚えてはいけないわけではない
ということです。

 

問題なのは、指の形“だけ”で
覚えていることなんですね。

 

指の形だけで覚えていると
しばらく弾かなかったら
すぐに忘れてしまいます。

 

でも、そのときに階名も覚えていれば
そこから運指を探すことだってできます。

 

また、音楽理論に詳しい人なら
コード進行を分析して
それでも覚えておくと良いでしょう。

 

要は、色んな角度から覚えること。

 

これが大切です。

 

一つの要素だけで覚えていると
忘れやすいですが、
複数の要素なら思い出しやすくなります。

 

できれば五感を総動員して覚えましょう。

 

音で色を感じる人もいますが
そこまでではなくても
練習している部屋の匂いや
曲から感じるイメージなどを
すべて関連付けると
より確実な暗譜になります。

 

文章で書くと難しく感じるかも知れませんが、
自分なりのコツがつかめると簡単ですよ。

 

ぜひ、意識してみてください。

 

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ