ヒント【左手で歌う】-01

 

【左手で歌う】

 

歌う、つまり表情をつけるというと
主に右手の役割だと感じる人が多いと思います。

 

もちろん、右手は直接音を出しますから
重要な役割を担っているのですが、
それと同じか、それ以上に
左手の表情も重要なものです。

 

左手は、どうしても機能的な面が
クローズアップされがちです。

 

それも、もちろん必要なことなのですが、
単に機能的に押さえられてさえいれば
良いというものではありません。

 

左手で歌う感覚を身につけると
演奏は大きく変わってくるものです。

 

最終的には全身の連携と
いうことになるのですが、
意外と左手は遅れがちですので
しっかりと意識してみてください。

 

ただし、左手に過剰な表情をつけるという
意味ではありませんので、そこは注意を。

 

動きそのものは合理的で、
ムダがないほうがいいんですよ。

 

ただ機械的に押さえるだけでなく
レガートな曲はレガートに、
リズミカルな曲はリズミカルに、
音楽の流れの中で動かしていきましょう。

 

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ