ヒント【驚くほどゆっくり弾く】-01

 

【驚くほどゆっくり弾く】

 

 

ゆっくり弾くことの大切さは
これまでもお伝えしてきましたね。

 

でも、同じゆっくり弾くのであれば
極端にテンポを落として練習しましょう。

 

どのくらい遅くすればいいのか?

 

できるなら、氣が遠くなるくらい
遅くしてみましょう(笑)

 

 

よく見慣れているものであっても
極端に拡大した写真などを見ると
何だかわからなくなる場合がありますね。

 

驚くほどテンポを落とすと
曲にも同じ現象が起こります。

 

どんな曲でも、相応しいテンポが
あるものですが、それより遅いと
全体像がつかめなくなるんですね。

 

逆にいうと、極端に遅いテンポでも
ちゃんと流れをつかめているのなら
早くすると、もっと流れが良くなります。

 

 

また、極端に遅いテンポから
徐々にスピードアップしていくと
結果的に、一つの曲を様々なテンポで
練習することになりますね。

 

これが演奏に柔軟性を持たせてくれます。

 

この辺りのことは論より証拠ですので
まずは実践してみてください。

 

その効果に驚くと思いますよ。

 

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ