力を抜くというのは、
とても大切なポイントです。

 

メルマガでも、今日から
『肩が凝る弾き方』ということで
リラックスすることをテーマに
しているのですが、力を抜くのって
意外と難しいものでもあります。

 

要領さえ分かってしまえば何でもないのですが
それがつかめるまでは迷ってしまう人も
少なくありません。

“力を入れる”より、“力を抜く”方が
コントロールしづらいんですね。

 

そこで最近では、僕も説明を変え始めています。

 

「力を抜くために、ここに力を入れましょう」

という言い方をしているんです。

 

実際、ギターを弾くのにもある種の力は使います。

で、その力を十分に発揮するためには
力を入れたほうがいい部分もあるわけです。

 

しかも、そこに力を入れるよう意識すると
無駄な力は入りにくくなるという利点もあります。

 

多少の個人差はあるかも知れませんが効果的ですよ。

 

ということで、詳細はメルマガで(笑)

 

ぜひ、ご登録ください^^

 

メルマガバナー2015c

 

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ