ヒント【効果的な比較】

 

【効果的な比較】

 

比較することが妙な優越感や
劣等感につながってしまうと
問題になることも少なくありません。

 

ですが、本来の比較とは
単純に違いを観察することです。

 

例えば、人差し指と中指を比較すると
長いのは中指のほうですね。

だから、中指のほうが偉いでしょうか?

決してそうではありませんね。

 

単に長さが違うだけですから、
それだけで優劣を決めることは
できません。

 

長いほうが有利な場面もあれば
短いほうが有利な場面もあります。

要は、使い方次第ということですね。

 

長さに限らず、強さや大きさ
早さなど、違いは色々とあります。

ですが、それらは単純に違いでしかありません。

 

そのような違いを、すぐに心理的な比較に
持ち込まないようにしたほうがいいでしょう。

 

それよりも、その違いをどう活用すれば
効果的なのかということを考えたほうが
遥かに建設的です。

 

比較も上手に使っていきましょう。