ヒント【レッスンを受けるときは】

 

【レッスンを受けるときは】

 

レッスンを受けるときには、
原則として、できる限り

『目的を明確に』

しておく方が効果的です。

 

練習していて疑問に感じたことなど
「何を知りたいのか?」ということが
ハッキリしている方が焦点も定まります。

それだけ吸収力も高くなるでしょう。

 

また、先生の側から見ても
「この生徒さんは、ここを知りたがっている」
ということがわかっている方が
必要なテーマを提供しやすくなります。

 

ですから、『目的を明確に』することは
心がけておく方が良いでしょう。

 

ただし、これはあくまでも
“原則として”言えることです。

 

毎回、明確な疑問があるわけでも
ないでしょうし、
「わからないことが、わからない」
という状況も少なからずあります。

そんなときには、あまり難しく考えず
フワッとした感覚でレッスンを
受けてみるのも良いでしょう。

 

基本的にはレッスンも人と人との交流。

 

あまり効率だけにとらわれず
心地よく一緒の過ごすことが
大きなプラスになることも
決して少なくありません。

 

また、目的を絞り過ぎることの
弊害もあるものです。

それについては、また別の機会に
詳しくお話しますが、いずれにしても
レッスンを楽しみにすることが大切。

 

楽しんでいる時ほど、感覚が開いています。

 

「明日がレッスンで氣が重い・・・」

 

という状況は、なるべく避けましょう(笑)