ヒント【力を抜くと音量が出る】

 

【力を抜くと音量が出る】

 

一見すると矛盾しているように
思われるかもしれませんが、
これは間違いなく事実です。

ただし、より詳しく表すなら
【“ムダな”力を抜くと音量が出る】
ということになるでしょう。

 

もちろん、音量を出すには
それなりの力が必要です。

弦に十分なエネルギーをかけることで
ギター自体も良く響くわけですね。

 

ですが、必要な力を適切に発揮するには
それ以外の力が抜けていることが
とても大切なポイントになってきます。

余分なところに力が流れると
ロスが起こってしまいますから。

 

また、ギターを弾くために
それほど凄まじい力が
必要なわけではありません。

大切なのは、
“効率のいい力の使い方”を覚えること。

そうすれば、リラックスした状態で
十分なエネルギーを弦に与え、
豊かな音量が得られます。

 

ぜひ“効率のいい力の使い方”を
研究してみてください。