ゆっくり丁寧に弾くことは上達の近道になります。

その時に“呼吸”も意識すると
練習効果は倍増しますよ。

 

テンポを落とすと氣持ちまで抜けてしまいやすいですが
そうなると、逆に効果が半減することもあります。

そこで、息を長く吐くように心がけてみましょう。

『呼吸で演奏を支えるようなイメージ』で
練習すると、かなり効果的です。

メトロノーム

 

メトロノームを遅いテンポに合わせて
息を長く吐きながら練習してみてください。

しばらく続けると、演奏が変わってきますよ。