今日は『分数コード』について調べていきます。

分数コードは、これまでも出てきているのですが
改めて、その特徴を確認しておきましょう。

◆分数コードとは

その名の通り、分数の形で表されるコードですね。

“○/△” という書き方をすることから
「スラッシュコード」と呼ばれることもありますし、
“○on△” という書き方をすることから
「オン・コード」と呼ばれることもあります。

具体的には、次のようなものですね。

これは「Cコード」なのですが、低音が「ミ」になっています。

また、このような形もよく出てきますね。

「Cコード」で、低音が「ソ」になっていますね。

以前にも、こういう進行を紹介したことがあります。

実際の曲の中でも、よく出てくる進行の一つですね。

ここまでは「ミ」や「ソ」など、
そもそも「Cコード」に含まれている音が低音になる例でしたが
次のような場合もあります。

これは「レ」という「Cコード」に含まれていない音が低音になる例ですね。

このような使い方も往々にして出てきますので、覚えておいてください。

●厳密には…

理論書によっては「C/D」など、
コードに含まれていない音が低音になっている場合のみを
『分数コード』だと言っているものもあります。

それに対して「C/E」や「C/G」など、
コードに含まれている音が低音の場合は “見かけ上の分数コード”
つまり “分数コードっぽいもの” として扱うものもあるんですね。

とはいえ「C/E」や「C/G」などもよく出てきますし、
実践の場では、理論として正しいかどうかよりも対応できるかどうかのほうが
遥かに重要ですから、書き方の意味をつかんで弾けるようにしておきましょう。

◆今日のまとめ

今日は「分数コード」、または「スラッシュコード」や「オンコード」と
呼ばれるものを見てきました。

単純に、分子がコードを表し、分母が低音を表しているというものですので
その仕組みを知って、実際に弾けるようにしておきましょう。

この分数コードは、歌の伴奏でもよく出てきますから
使いこなせるようになっておくと便利な場面も多いですよ。