今日からは「いろいろなコード」ということで、
基本的なコードを少し変化させたものを取り上げていきます。

まずは「sus4」と呼ばれるコードについて調べていきましょう。

◆sus4とは

sus4というのは略語で、正式には
『Suspended 4th(サスペンデッド・フォース)』という名称で
この “4th” というのは、基準の音から数えて4度の音を指してい ます。

しかし単純に4度の音を付け加えれば良いのかというと、そうではありません。

「Cコード」を例にしてみましょう。

基準となるのは「ド」の音ですから、そこから4度ということは
「ファ」の音を指しますね。

「Cコード」に「ファ」を付け加えるとこうなります。

響きが濁って聴こえるのではないでしょうか。

というのも、第3音の「ミ」と4度の「ファ」は半音しか離れていないので
響きがぶつかってしまっているんですね。

ですのでsus4の場合、第3音を省略します。

これなら響きはにごりませんよね。

ですからsus4は、第3音の代わりに4度の音を入れると考えれば良いでしょう。

また、sus4の「Suspended」というのは
「 つるした」とか「ぶらさがった 」という意味を持っています。

言ってみれば、ちょっと中途半端な状態なんですね。

そのため、sus4のまま終わるのではなく、
元にコードに戻って落ち着くという使い方をすることがほとんどです。

こういう繋がりだと、スッキリした印象になりますね。

◆ギターで弾く場合は

「C sus4」なら

あるいは

などが、よく用いられる形です。

どちらも、

あるいは

次に「Cコード」が続く場合がほとんどです。

◆今日のまとめ

今日は、sus4のコードについて調べてきました。

例にとったのは「C sus4」だけですが、
他のコードも同じ要領で作ることができますので、
ぜひ実際にギターで弾きながら、確認してみてください。