ここ数日、ディミニッシュ・コードのセブンスを取り上げてきましたが、
今日は増三和音、つまりオーギュメント・コードのセブンスについて
調べていきましょう。

オーギュメント・コードのセブンス ですから、
「aug7」または日本語にすると「増七の和音」ということになるのですが、
実はこれ、ちょっとややこしいんです。

何がどうややこしいのか、早速見ていきましょう。

◆どっちが増七の和音?

単純に考えると、増三和音(オーギュメント・コード)に
7度の音(セブンス)を加えれば
『増七の和音(オーギュメント・セブンス)』になります。

ところが、この7度の音をどう解釈するかで
二通りの和音が出来るんですね。

1つ目は、増三和音に短7度の音を加えたものです。

これは「C aug」に短7度の音を加えていますね。

そして2つ目が、増三和音に長7度の音を加えたものです。

こちらは「C aug」に長7度の音を加えています。

参考にする本やサイトによって、

が「C aug7」だというものもありますし

が「C aug7」だというものもあります 。

要は、統一されていないということなんですね。

さらに、通常短7度の音を加える場合を「セブンス」といい
長7度の音を加える場合は「メジャーセブンス」というところから、

は「C aug7」、

は「C aug M7」と分類しているものもあります。

この中のどれが正しいのか、正直なところ私もよく分かりません(笑)

そこで…

◆混乱を避けるために

「C aug7」という書き方だと、上記2つのどちらの可能性も考えられるので
別な書き方をしておくほうが勘違いは避けられそうです。

つまり、

「C7+5(シー・セブン・シャープ・ファイブ)」とし、

「CM7+5(シー・メジャーセブン・シャープ・ファイブ)」
するということです。

このように決めておけば迷うことはないでしょう。

では、 「C aug7」 と書かれている楽譜があったらどうするのかというと、
ひとまず両方で弾いてみて、しっくり来るほうを選ぶと良いでしょう。

◆ギターで弾く場合は

「C7+5」の場合は、ちょっと難しいですが、

という形になります。

「CM7+5」なら、割と押さえやすい

という形になります。

◆今日のまとめ

今日は、増三和音+セブンスの四和音について見てきました。

二通りの解釈があるので、ちょっとややこしいのですが、
基本的な仕組みを知っておき、書き方を分けると混乱は避けられます。

まぁ、滅多に出てくるコードではないので困ることはないと思いますが
この機会に、頭の隅に置いておいてください。