昨日は増三和音を取り上げましたが、
今日はそれと対で扱われることも多い
『減三和音』について調べていきましょう。

◆減三和音とは

「ド」を基準に減三和音を作ると、次のようになります。

これもまた、独特の響きですね。

音程の関係を調べていくと、普通の「C」は
第1音の「ド」と第3音の「ミ」の間が長3度、
第3音の「ミ」と第5音の「ソ」の間が短3度、
そして第1音の「ド」と第5音の「ソ」の間が完全5度
という並びになっていましたね。

それに対して、減三和音では
第1音の「ド」と第3音の「ミ♭」の間が短3度、
第3音の「ミ♭」と第5音の「ソ♭」の間も短3度、
そして第1音の「ド」と第5音の「ソ♭」の間が減5度
という並びになっています。

楽譜で見ると、♭の付いている音が2つもあって複雑そうですが、
実は、他の音を基準にした減三和音はこれまでも度々出てきているのです。

それがこれです。

第1音の「シ」と第3音の「レ」の間が短3度、
第3音の「レ」と第5音の「ファ」の間も短3度、
そして第1音の「シ」と第5音の「ファ」の間が減5度になっていますね。

今まで、この和音が出てきても特別扱いしていたのは、
減三和音という、少し特殊なものだったためです。

●減三和音の書き表し方

減三和音は、第1音と第3音の関係だけを見ればマイナーコードと同じです。

そして、第5音が半音下がるので「m-5」とか「m♭5」という書き方をします。

つまり、「ド」が基準の減三和音であれば『Cm-5』『Cm♭5』と書き
『シーマイナー・フラットファイブ』という読み方をします。

そして、「シ」が基準の減三和音なら 『Bm-5』『Bm♭5』と書き
『ビーマイナー・フラットファイブ』という読み方 になるわけですね。

また、減音程のことを『ディミニッシュ』というので
減三和音を『ディミニッシュコード』と呼ぶこともあるのですが、
実際には、この呼び方はあまり使われません。

その理由については、明日詳しく取り上げる予定です。

●ギターで弾く場合は

減三和音も、増三和音と同様、押さえ方は幾分難しくなります。

「Cm-5」であれば、次の押さえ方が代表的なものでしょう。

◆今日のまとめ

今日は、減三和音について調べてきました。

楽譜上は複雑に見えますが、先ほども触れたとおり
「マイナーコードの第5音を半音下げたもの」と覚えておくと
比較的分かりやすいと思います。

「Cm-5」以外でも、どんな押さえ方になるのか、
ぜひ実際に探してみてください。