メジャーコードとマイナーコードについての理解も深まったところで
さらに、色んな音を基準にしてコードを作ってみましょう。

今日は、ミとファでコードを作っていきます。

◆ミを基準にすると

ミに3度と5度の音を重ねると、次のようになります。

「ミ・ソ・シ」の和音ですが、
ミから見るとソは短3度なので、これは『Emコード』になります。

これをメジャーの『Eコード』にしたい場合は、
ソを半音上げて長3度の関係にしてあげれば良いわけですね。

「ミ・ソ♯・シ」で構成されている和音です。

音を聴いてみると、響きの違いがよく分かると思います。

ではさらに、ギターで弾くとどうなるかを見ていきます。

まず、Emコードはこうなりますね。

次に、Eコードはこうなります。

実際にギターで音を出して、
響きの違いと運指の違いを確認してみてください。

◆ファを基準にすると

ファに3度と5度の音を重ねると、こうなります。

ファから見るとラは長3度ですので、これは「ファ・ラ・ド」で構成される
『Fコード』になりますね。

ラを半音下げて短3度の関係にすると、「ファ・ラ♭・ド」の
『Fm』となります。

これも響きの違いは明らかですね。

さらに、ギターで弾くとこうなります。

まずはFコードから。

Fmはこうなります。

これも実際にギターで音を出して確認してみてくださいね。

◆今日のまとめ

今日はミとファを基準にして、『Em』と『E』
それに『F』と『Fm』を作ってみました。

ギターで弾く場合の例はローポジションのものしか出しませんでしたが
前述の通り、

  • Emは「ミ・ソ・シ」
  • Eは「ミ・ソ♯・シ」
  • Fは「ファ・ラ・ド」
  • Fmは「ファ・ラ♭・ド」

で、それぞれ構成されていますので
他のポジションでも探してみてください。