昨日までで、ドを基準にした「C」とレを基準にした「Dm」という
メジャーコードとマイナーコードを1つずつ見てきました。

さらに別のコードに進んでも良いのですが、その前に
メジャーをマイナーにしたり、マイナーをメジャーにしたりして
この2種類のコードの特徴をより詳しくつかんでいきましょう。

◆メジャーとマイナーの違い

まずは昨日のおさらいですが、
メジャーコードとマイナーコードの響きを決定づけるのは
“性格音” と呼ばれる『第3音』でしたね。

これが基準となる音から見て長3度であればメジャーコード、
短3度であればマイナーコードとなります。

ということは、メジャーコードをメジャーコードにしたければ
第3音を半音下げて上げれば良いわけです。

●Cコードをマイナーにする

具体的に見ていきましょう。

まず、Cコードはこんな響きでしたね。

第3音が短3度となるよう「ミ」を半音下げて「ミ♭」にすると
次のように『Cmコード』が出来上がります。

響きが変わりましたね。

ギターで弾く場合はどうなるかというと、
ローポジションのCコードには①弦のミが入っていて
これを半音下げるのは無理なので、
ミドルポジションを使うのが一般的です。

ミドルポジションのCコードは下記の形でしたね。

この中のミを半音下げるということは、こうなります。

さらに、ハイポジションのCはこうでしたね。

この中のミを半音下げると、こうなります。

実際にギターで音を出しながら、違いを確認しておいてください。

●Dmコードをメジャーにする

では逆に、Dmをメジャーコードである『D』にしてみましょう。

まずDmを確認しておきます。

これをメジャーにするには、第3音の「ファ」を半音上げて
「ファ♯」にすれば良いので、次のようになります。

やはり響きが変わりましたね。

では、ギターで弾く場合も見ていきましょう。

まずローポジションのDmはこうでした。

この中のファを半音上げると、こうなります。

ミドルポジションのDmはこうでした。

ファを半音上げると、こうなります。

さらに、ハイポジションのDmは、こうでしたね。

ファを半音上げると、こうなります。

これらもギターで音を出しながら確認してみてくださいね。

◆今日のまとめ

今日は、CをCmに、そしてDmをDにする方法を見てきました。

ポイントとなるのは、
性格音である第3音が『長3度』なのか『短3度』なのかということでしたね。

実際にギターで音を出しながら、響きの違い、
そして運指の違いをよく確認してみてください。

メジャーとマイナーを行ったり来たりしていると
この2つの違いが感覚的にも分かるようになってきますよ。