昨日はCコードを色んな角度から見てみましたので
今日は別のコードに進んでみましょう。

ということで、ドから1つ上がって「レ」の音を基準に
コードを作ってみます。

◆レを基準にコードを作ると

コードは、基準となる音に3度と5度の音を重ねて作るんでしたね。

そのセオリーに従って「レ」を基準にすると次のようになります。

ドを基準にしてできたコードがCコードでしたので、
レを基準にしたら「Dコード」ができる…と思いきや
実はこれ、「Dm(マイナー)コード」なんです。

実際に音を聴いてみると、決して明るい響きではありませんね。

ちなみに「Cコード」とか「Dコード」というのは
いわゆる『メジャーコード』、つまり明るい響きのコードです。

ただ、メジャーコードの場合はわざわざメジャーとは言わないんですね。

それに対して『マイナーコード』の場合は
マイナーを表す「m」を必ずつけますので覚えておいてください。

話を戻して、ドを基準にしたらメジャーコードだったのに
レを基準にしたら、なぜマイナーコードになるのか、
これを詳しく見ていきましょう。

その秘密は、「第3音」つまり『3度の音』にあります。

Cコードの第3音は「ミ」の音ですね。

ドの音との関係を見てみると、

全音が2つの『長3度』になっています。

ところが、レとファの関係を見てみると、

全音と半音の『短3度』になっていますね。

これが大きなポイントなんです。

音階のところでも、3番目の音が長3度か短3度かで
長調(メジャー)か短調(マイナー)かが決まるというお話をしましたね。

これと同じことがコードにも言えます。

基準の音から見て第3音が長3度であればメジャーコードに、
基準の音から見て第3音が短3度であればマイナーコードになるわけですね。

そのため、ドを基準にするとCコードというメジャーコードができ
レを基準にするとDmというマイナーコードが出来上がります。

そして、メジャーかマイナーかを決定するのが第3音なので
これを『性格音』と呼びます。

併せて覚えておいてください。

●順番が変わっても

Cコードのときと同様、Dmも音の並ぶ順番が変わっても
名前は変わりません。

例えば、

「ファ・ラ・レ」と並んでいても、

「ラ・レ・ファ」と並んでいても、
「レ・ファ・ラ」で構成されていればDmと見なすことができます。

そしてギターの場合は、次の形がよく出てきますね。

ミドルポジションなら

ハイポジションなら、

となりますが、すべてDmということになります。

◆今日のまとめ

今日は、「レ」が基準の和音、『Dm』を見てきました。

メジャーコードになるのか、マイナーコードになるのか、
その違いは性格音である第3音にあるわけですね。

これを分かっておくと、色んなコードを自由に作る土台ができますので
ぜひ、しっかりと覚えておいてください。