昨日は「ド・ミ・ソの和音」が『Cコード』だというお話をしましたね。

これから他の様々なコードについても調べていきますが
そのための基本的な要素がすべてCコードに詰まっています。

そこで今日は、このCコードを色んな角度から分析してみましょう。

◆並び方が変わっても

Cコードが 「ド・ミ・ソ」 で構成されていることは
昨日もお話したとおりですね。

しかし、必ずしも 「ド・ミ・ソ」 の順に並んでいないと
Cコードとは呼べないというわけではありません。

例えば次のように「ミ・ソ・ド」という順番でも
やはりCコードです。

あるいは「ソ・ド・ミ」であってもCコードです。

さらに、もう少し音と音の間隔が開いて
次のように「ド・ソ・ミ」と並んでいてもCコードです。

要は、音の並び方の順番に関わらず「ド・ミ・ソ」で構成されていれば
ひとまずそれはCコードと見なすことができるわけです。

また、音の数も3つしか重ねてはいけないというわけではなく
次のように6つの音が重なっていても「ド・ミ・ソ」であれば
やはりCコードということになります。

もちろん、もっとたくさんの音が重なっていたとしても
その全てが「ド・ミ・ソ」であればCコードと見なすことができます。

◆ギターの場合は

ギターでCコードといえば、一番良く出てくるのが
次のような音の並び方をしたものですね。

低いほうから順番に「ド・ミ・ソ・ド・ミ」と並んでいて
音は全部で5つありますが、「ド・ミ・ソ」で構成されていますね。

低いほうの「ド・ミ・ソ」だけでもCコードなのですが
ギターの場合は実際に鳴っている音は楽譜よりも1オクターブ低いため
できるだけ①まで使ったほうが明るい響きを得ることができます。

そのため、 「ド・ミ・ソ・ド・ミ」 という並びになっているわけです。

また、ミドルポジションを使って次のように弾くこともできます。

「ド・ソ・ド・ミ・ソ」という順番ですが
「ド・ミ・ソ」で構成されていることには違いありませんね。

さらに、ハイポジションだと次のようになります。

「ド・ソ・ド・ミ・ソ・ド」という順番で並んでいますね。

ここまで出てきた和音は、全てCコードです。

“押さえ方” だけで覚えようとすると、同じCコードという名前で
色んな形が出てきますから混乱してしまうかもしれませんが、
すべて「ド・ミ・ソ」の音で構成されている
ということがポイントです。

ギターの場合、6本の弦ですべてを表現しないといけませんし
使える音もポジションによって変わってきますから
音の並びがランダムになることも少なくないのですが、
大切なのは すべて「ド・ミ・ソ」の音で構成されているということです。

これを分かっておくと、“押さえ方” を知らなくても
自分で音を探すことができます。

上で取り上げたもの以外にもCコードを作ることはできますので
様々なポジションで試してみると面白いですよ。

◆今日のまとめ

今日は、色んな並び方のCコードを見てきました。

多少、音が並ぶ順番が変わったとしても、重なる音が増えたとしても
使われているのが「ド・ミ・ソ」だけあればCコードです。

まずは、この大原則をよく覚えておいてください。

その上で、明日は他のコードも調べていってみましょう。