今日からしばらくは、『コード』をテーマにしていきます。

コードに興味がある方は多いでしょう。

クラシックギターの場合は楽譜を読むことが多いので
コードネームを覚えることは必須ではありませんが、
知っておけば便利なものです。

コードというと
「とにかく押さえ方を覚えないといけない」
と思っている人が多いかもしれません。

でも、コード自体は数え切れないほどありますから、
なかなか覚えられず、コードブックなどを手放せない人も
少なくないのではないでしょうか。

しかし、実はコードって無理やり覚える必要はありません。

仕組みさえ知ってしまえば、コードネームを見ただけで
自分で音を探すことができてしまうんです。

しかも、その仕組みは一つずつ解きほぐしていけば
そんなに難しいものではありません。

ということで、コードの基本中の基本から詳しく見ていきますので
一つずつ理解を深めていってください。

◆コードとは?

では、根本的なところで「コードって何か?」というところから
確認していきましょう。

コードとは、ズバリ『和音』のことです。

シンプルですね(笑)

では、和音って何かというと、
『2つ以上の音を同時に鳴らしたもの』ということになります。

2つだけの場合は “重音” ということもありますが、
この重音は、和音の一種と考えれば良いでしょう。

理屈上、音の数はどんなに増やしてもよいのですが、
あまり多いと訳が分からなくなってしまいますので
『3つの音を同時に鳴らしたもの』が和音の基本です。

では次に、その3つの音をどのように重ねるのかを見ていきましょう。

◆音は3度ずつ重ねる

音程は「度」という単位で数えるということを以前にお話しましたね。

同じ音が1度、一つ上の音が2度ですので、
3度ということは二つ上の音ということになります。

二つ上なのに3度というのは、ややこしく感じるかもしれませんが、
元の音も含めて数えますので、これに慣れるようにしてください。

つまりドを基準にすると、「ド・レ・ミ」と
ドから数えて3番目に当たるので3度と呼ぶわけですね。

ちなみに3度の音は、見た目にも特徴があります。

それは、下記のように音符同士がピタッと揃っているということです。

2度のように音符が近づきすぎることもなく、

4度のように音符と音符の間に隙間ができることもなく、

団子を串に刺したように並んでいる状態ですね。

ですから、ドを基準にすると、まずは3度上のミの音を重ねます。

さらに、ミの3度上の音も重ねましょう。

ミから数えて3番目ですから、「ミ・ファ・ソ」つまり「ソ」の音です。

ドの3度上がミ、ミの3度上がソですから、これらを積み重ねると

このように「ド・ミ・ソ」の和音が出来上がります。

ちなみに、ドから数えるとソは5度の音になりますので、
基準となる音に3度と5度の音を重ねているということもできます。

そして、ドは英語音名で「C」ですから、
ドが基準の和音ということで『Cコード』と呼ぶわけです。

これがコードの最も基本的な部分ですね。

つまり、コードネームというのは、アルファベットが基準になる音で
その上に3度と5度の音を重ねているということを表しているのです。

まずは、この仕組みをしっかりと覚えておいてください。

もっと複雑そうに見えるコードも、これが土台になっていますので
ここを分かっておけば理解しやすくなりますよ。

なお、ちょっと理屈っぽい呼び方も紹介しておくと、

基準の音は『根音(こんおん)』『ルート』
3度の音は『第三音』、5度の音は『第五音』となります。

一応、頭の隅に置いておいてください。

◆今日のまとめ

今日は、コードの一番の基本について説明しました。

シンプルにまとめると、基準の音に、3度と5度の音を重ねた、
3つの音の塊のことですね。

ドを基準にすると「ド・ミ・ソ」の和音ということになり
これを『Cコード』と呼ぶわけです。

ここをよく分かっておけば、他のコードもその応用ですので、
しっかりと理解しておいてください。

明日は、ここを土台にして、もう少し話を進めていきましょう。