昨日に引き続き、『反復記号』を取り上げていきます。

今日取り上げるものは、行ったり来たりする記号ですので
ちょっとややこしいかもしれませんが、意味を分かっておけば
あとは見慣れていくだけです。

一つずつ、確認していきましょう。

◆ダ・カーポ

まずは『ダ・カーポ』という記号です。

これは上記のようにD.C.』と書き表し
「最初に戻る」という意味を持っています。

最初に戻ったら、Fine(フィーネ)』で終わります。

つまり、演奏順序は、

「A→B→A」となるわけですね。

なお、「最初に戻ってFineで終わる」という意味で、

上記のようにD.C.al Fineと書かれることもあります。

◆ダル・セーニョ

ダ・カーポと似ていて、ちょっと違うのが『ダル・セーニョ』です。

これは上記のようにD.S.と書き表し、
「セーニョ記号に戻る」という意味を持っています。

セーニョ記号というのは、Sに斜線と2つの点を加えたものですね。

この場合の演奏順序は、

「A→B→C→B」となります。

なおこれも、「ダル・セーニョしてFineで終わる」という意味で

D.S.al Fineと書かれることもあります。

◆コーダ

ダ・カーポやダル・セーニョと組み合わせて
『コーダ(Coda)』というものが使われることもあります。

コーダとは「尾」という意味で、
その名の通り『一番最後に演奏する場所』を表します。

上の譜例の、丸に十字を組み合わせたようなものが「コーダ記号」で、
ダ・カーポしたあと「to コーダ」で最後の『Coda』部分に飛びます。

ですから、演奏順序は

『A→B→A→C』となります。

ダル・セーニョと組み合わせて次のように書かれることもあります。

この場合の演奏順序は、
ダル・セーニョのあと「toコーダ」で『Coda』に飛びますので

『A→B→C→B→D』となりますね。

◆今日のまとめ

今日は、『ダ・カーポ』『ダル・セーニョ』と『フィーネ』
それに『コーダ』を取り上げました。

最初に戻ったり、一部を飛ばしたりと、
楽譜上を行ったり来たりしますので、慣れないと迷いやすいですが
一つずつ確認していけば、そんなに難しいものではありません。

これらの記号が出てきたときには、落ち着いて順序を確認してみてください。