今日は、繰り返す場所を示す『反復記号』を見ていきましょう。

これが苦手だという人も少なくないのですが、
基本的なことから確認していけば難しいものではありません。

一つずつ覚えていきましょう。

◆反復記号の書き方

複数の小節を繰り返したいときには、下記のような『反復記号』を用います。

この反復記号は、
外側が太く内側が細い複縦線と、2個の点を組み合わせたもので
点が向かい合っている区間を繰り返します。

なお、曲の初めから繰り返す場合には、下記のように
最初の反復記号を省きます。

また、繰り返す区間が隣り合っている場合には、その境目に
太い複縦線と4つの点を組み合わせた反復記号を書きます。

上記のような場合であれば、1~2小節目も3~4小節目も
それぞれ2回ずつ演奏するということになるわけですね。

●1カッコ、2カッコ

繰り返す部分の終わりが1回目と2回目で違う場合には
下記のように表します。

五線の下に書いてある小さい数字が演奏順です。

1度目は1~4小節を弾き、2度目は1~2小節目を弾いたら
3~4小節目を飛ばして5~6小節目を演奏するわけですね。

◆今日のまとめ

今日は、複数の小節を繰り返すときにつかう反復記号を取り上げました。

基本的には、反復記号で囲まれた部分を繰り返すだけですから
そんなに難しいものではありませんね。

1カッコや2カッコは迷うこともあるかもしれませんが
慣れてしまえば、なんてことはありませんので、
出てきたときには演奏順序を落ち着いて確認してみてください。