今日は、楽譜を簡単に書き表す『略記法』を見ていきます。

そんなに使用頻度が高いわけではないのですが、
勘違いして弾いてしまうといけませんので
正確な意味を知っておくようにしておきましょう。

◆加線を省略する

例えば次の譜例のように、高い音が連続する場合
加線が多すぎて読みにくくなりますね。

このような場合には、次のように書き表すことができます。

この「8va」というのが「8度高く」、
つまり「オクターブ高く」という意味になり
点線で囲んでいる箇所までオクターブ上げて演奏します。

なお、同じ記号が音符の下に書かれていることもあります。

この場合は「オクターブ低く」という意味になるので
実際には次のように演奏します。

ギターでは、低い音はそのまま書き表すことが多いですが
記号の意味は知っておいてください。

◆連続する音符を省略する

独奏ではあまり出てきませんが、
アンサンブルでは次のような記号が出てくることがあります。

これを『トレモロ記号』といい、次のように音を分割して演奏します。

斜線が一本書かれているので、
これを8分音符の旗とみなして演奏するわけです。

なお、4拍目の「ミファ」は元々8分音符なので特に斜線はつけません。

次のように斜線が2本の場合は16分音符に分割して演奏します。

これも4拍目は元々8分音符ですから
斜線を一本加えるだけで16分音符の意味となります。

さらに、次のような場合は32分音符で演奏します。

やはり4拍目は元々8分音符ですから
斜線を二本加えれば32分音符を表すことになります。

◆今日のまとめ

今日は『略記法』ということで、
「オクターブの移動」と「トレモロ記号」を取り上げました。

どちらも、そんなに使用頻度は高くないのですが
知っておくと便利な場合もありますので、
この機会に覚えておいてください。

また、「8va」を上下どちらに書くかで意味が変わることや
元の音符の長さによってトレモロ記号の斜線の本数が変わることも
意外と勘違いしやすいので、よく確認しておきましょう。