昨日に引き続き、今日もよく使われる強弱記号を見ていきましょう。

どれも頻繁に使われるものなので、よく覚えておいてくださいね。

◆特定の音の強さを表す記号

昨日のf(フォルテ)やp(ピアノ)は、
その一帯の強さを表すために使われることが多いですが
ここで紹介するのは特定の音の強さを表す記号です。

見たことはあっても名前を知らない記号もあるかもしれませんので、
しっかりと確認しておきましょう。

この中の「フォルツァンド」「スフォルツァンド」
そして「リンフォルツァンド」は、ほぼ同じ意味と考えて構いません。

ただ、ニュアンスとしては
「フォルツァンド」<「スフォルツァンド」<「リンフォルツァンド」
の順で強くなっていくと捉えても良いでしょう。

また「フォルテピアノ」や「ピアノフォルテ」は
そんなに出てくることはないかもしれませんが
文字通りの意味ですので、覚えておいてください。

◆音の強さの変化を表す記号

これらの記号も、よく見ると思います。

「デクレッシェンド」と「ディミヌエンド」は、ほぼ同じ意味ですが
「クレッシェンド」で大きくした後に「デクレッシェンド」を使い、
そうでない場合に「ディミヌエンド」を使うと覚えておくと良いでしょう。

◆今日のまとめ

今日は、「特定の音の強さを表す記号」と、
「音の強さの変化を表す記号」を取り上げました。

「音の強さ」というのは、表現の基本でもありますから、
しっかりと確認しておいてくださいね。