今日からしばらくは、音楽で使われる
様々な記号や標語を取り上げていきます。

当然のように知っているものも出てくると思いますが、
意外と、よく見かけてはいても意味を知らないものも
あるかもしれませんので、よく確認しておいてください。

まずは、基本的な強弱記号から見ていきましょう。

◆代表的な強弱記号

音の強弱を表す記号にも様々なものがありますが、
まずは、下記のものが基本中の基本ですね。

“強弱記号” と呼んでいますので、
「強く」「弱く」という言葉を使っていますが
実際の音楽表現では様々なニュアンスが考えられます。

“穏やかなフォルテ” もあれば “鋭いピアノ” もあり得ますので
「強く」「弱く」というのは、あくまでも便宜的なものだと
思っておいてください。

◆少し角度を変えてみると

先ほどは、fffからpppまで音量の順に並べてみましたが
これを次のように表すこともできます。

一番内側に「mpとmf」があり、
それを取り巻くように「pとf」、
さらにそれを取り巻くように「ppとff」、
そして一番外側に「pppとfff」があるわけです。

「mpとmf」 は対照的なものですが、
『同じ質の表と裏』というふうに見ることができるんですね。

同じことが 「pとf」「ppとff」「pppとfff」にも言えます。

曲の表現を考えるときのヒントにもなりますので
覚えておいてください。

◆今日のまとめ

今日は、音楽で使われる記号や標語の第一弾として
基本的な強弱記号を取り上げました。

これらは音楽をやっていれば必ず出てきますので
呼び方を意味をしっかりと確認しておいてください。