これまで見てきた長音階や短音階は、
主に全音で組み立てられているので “全音階” と呼ばれています。

それに対して、すべての音が半音ごとに並んでいるものを
『半音階』と呼びます。

今日は、この『半音階』について調べていきましょう。

◆半音階の2つの表し方

半音階は先ほどもお伝えしたとおり、半音ごとに音が並んでいるのですが
これを表すときには2種類の書き方がありますね。

♯をつけるのか、それとも♭をつけるのか、
これにもルールがあるので、それを見ていきましょう。

●和声的半音階

まずは『和声的半音階』と呼ばれる書き方です。

ドからドまで、半音ごとに音が並んでいますね。

音でも確認しておきましょう。

上の譜例を見ると、♯はあまり使われず
ほとんど♭を使って書かれていますね。

もちろん、これにも理由があり、
そこから “和声的” という名前がついているんです。

“和声” というのは和音をつなげることですが、これを考えていくときに、
主音(1番目)である「ド」と、属音(5番目)である「ソ」
非常に重要な意味を持ちます。

どのように重要なのかは、また別の機会にお話しますので
今日のところは、重要だということだけ覚えておいてください。

そして、どの「ド」と「ソ」には臨時記号をつけずに書き表しているのが
和声的半音階なわけです。

ですので、下行の場合も同じ書き方が用いられます。

●旋律的半音階

和声的半音階に対して、もう一つの書き方が『旋律的半音階』です。

これの特徴は「♮をなるべく使わない」ということです。

和声的半音階の場合、「ド」の次は「レ♭」になり、
さらに次の「レ」には♮をつけないといけませんね。

でも、「レ♭」を「ド♯」と表せば「レ」に♮は不要で
読むときにも分かりやすくなります。

そこで、次のように書き表すわけです。

音そのものは和声的半音階と同じですが、
音が上がっていくときには♭より♯を使ったほうが
スッキリと読みやすくなりますね。

ただし、第6音の「ラ」は変化させず、
その代わりに第7音の「シ」を半音下げる場合もあります。

また、下行の場合には♭を使って書き表すわけですが、
属音の「ソ」だけは変化させず、和声的半音階と同じように
書き表されます。

ただし、主音や属音が決定されるのは、
あくまでも調性がハッキリしている場合だけですね。

ギターの基本練習で出てくる半音階など調性が決まっていない場合には、
上行は全て♯、下行は全て♭で表されることがほとんどです。

◆今日のまとめ

今日は、半音階について見てきました。

使われる音は同じですが、書き表し方として
『和声的半音階』と『旋律的半音階』の2種類があるので
覚えておいてください。