今日は、『日本の音階』を取り上げます。

昨日は五音音階を見ていきましたが、
日本の音階も五音で構成されていますので、詳しく調べてみましょう。

◆雅楽の音階

日本の音階の代表的なものとして、まずは雅楽で使われる
『律旋』『呂旋』という二つが挙げられます。

ちなみに雅楽というのは、朝廷の儀式や神社・仏閣の祭事などに
用いられる音楽のことですね。

では順に確認していきましょう。

●律旋

律旋を音符に表すと、次のようになります。

本来は、それぞれの音に「宮」や「商」などの漢字が
音名として当てられているのですが、ここでは省略しておきます。

音の並びを確認しておいてください。

なお律旋では、下行の場合次のようになります。

上行と下行とで使われる音が変わるのは旋律短音階などと似ていますね。

●呂旋

続いて呂旋は、次のようになります。

これは昨日取り上げた五音音階と同じ音で構成されています。

ヨーロッパの音階と日本の音階が同じ音の並びになっているのは
興味深いところですが、昨日も触れたとおり演歌などでも
五音音階が使われていますので、この音階自体が国や民族を越えて
人の心の琴線に触れる要素を持っているのかもしれません。

なお呂旋の場合は、上行と下行で音が変わることはありません。

◆俗楽の音階

雅楽以外の、三味線や琴、あるいは民謡などを『俗楽』と呼び
そこで用いられる音階は『陽旋』『陰旋』の二つがあります。

これも順に見ていきましょう。

●陽旋

陽旋自体も二つに分けることができます。

1つ目は、このようなもの。

これは先ほどの、雅楽の律旋と同じですね。

そしてもう一つは、次のようになります。

陽旋では、上記のどちらも上行と下行で同じ音が使われます。

●陰旋

続いて陰旋にも二種類の音階があります。

まずはこちら。

もう一つは、こちらです。

そして陰旋の場合、上行がどちらであっても
下行では次のような音の並びになります。

◆琉球音階

ちょっと毛色の違うものとして『琉球音階』も見ておきましょう。

これも、やはり五音で構成されています。

これは、レ(2度)とラ(6度)の音が抜けているので
『ニロ(2・6)抜き音階』と呼ばれることもあります。

◆今日のまとめ

今日は日本の音階の代表的なものを見てきました。

世界各国に、それぞれ特有の音階があるのですが
それらの多くが五音で構成されているのは興味深いところです。

今日取り上げた日本の音階も、ギターを使って
いろんな並べて弾いてみてください。

すると、日本的なメロディが浮かんでくるかもしれませんよ。