これまで、長音階と短音階の違いを見てきましたが、
今日は実践練習として、長調の曲を短調に変えてみましょう。

全部で3曲ありますので、チャレンジしてみてください。

◆出題編

1.カエルの歌

まずはこの曲です。

「イ長調」で書かれていますから、「イ短調」に変えてみましょう。

2.アルプス一万尺

この曲は「ホ長調」ですので、「ホ短調」にしてみましょう。

3.星の界(よ)

この曲は「ニ長調」ですので、「ニ短調」にしてみましょう。

◆解答編

できましたか?

では、回答を見ていきましょう。

1.カエルの歌

「イ長調」を「イ短調」にするので、下記の音階を参照すると良いですね。

すると、次のようになります。

ポイントは、長3度の音である「ド♯」を半音下げて
短3度の「ド♮」に変えることですね。

2.アルプス一万尺

「ホ長調」を「ホ短調」にするので、下記の音階を参照しましょう。

すると、こうなります。

この曲では、第6音の「ド」や第7音の「レ」が半音上がる
旋律短音階になっているところに注目しておきましょう。

曲によっては自然短音階を用いることもありますが、
実際に音を出して、しっくりくるほうを選ぶと良いですね。

3.星の界(よ)

「ニ長調」を「ニ短調」にするので、下記の音階を参照しましょう。

すると、こうなります。

◆今日のまとめ

今日は、長音階と短音階の違いを実践的に理解するために
長調の曲を短調に変える練習をしてみました。

こういうことを遊び感覚でやっておくと
調性の理解が深まることも多いですので、
他の曲でも試してみてください。

明日は逆に、短調を長調に変える練習をしてみましょう。