昨日は、開放弦から12フレットまでで長音階を作りましたね。

今日はそれに引き続き、短音階のポジションを確認してみましょう。

長調と短調でポジションを比較してみると
音程の違いも分かりやすくなりますよ。

◆開放弦からの短音階

では早速、①弦を例にホ短調の音階を作ってみましょう。

押さえる場所は、次のようになりますね。

上行と下行とで音が変わるので、線が入り組んでしまいましたが
音と押さえる場所をよく確認しておいてください。

そして短音階も、全く同じポジションで弦を変えれば
様々な調のものを弾くことができます。

②弦はロ短調。

③弦はト短調。

④弦はニ短調。

⑤弦はイ短調。

そして⑥弦は、①弦の2オクターブ下のホ短調ですね。

長音階のときと同様、ギターで実際に音を出してみてくださいね。

◆長調と短調を比べると

では改めて、長音階と短音階のポジションを比較してみましょう。

まずは長音階。

そして短音階がこれですね。

以前に、長音階には長3度の音が含まれていて
短音階には短3度の音が含まれているというお話しましたね。

①弦の場合、ミから始まりますから、3度の音はソです。

そして、長音階ではソ♯、短音階ではソ♮が含まれています。

開放弦(0フレット)を基準にすると、
長3度のソ♯は4フレットで距離が長く、
短3度のソ♮は3フレットで距離が短いですね。

この、3度の距離が長調か短調かを決定しますから
ギターのポジションでも、音程の間隔をよく確認しておいてください。

◆今日のまとめ

今日は、開放弦から12フレットまでで短音階を弾いてみました。

また、長音階と短音階の違いも確認してみましたね。

ギターの場合は、フレットの開きが音程の開きとなりますので
押さえる場所を確認しながら、音程の間隔もつかんでおきましょう。