これまで、長音階と短音階について調べてきましたが、
この連載はそもそも “ギタリストのための” 音楽理論ですので
今日はギターを使って、音程の関係を見ていきましょう。

ぜひ、実際に音を出して確かめてみてください。

◆開放弦からの長音階

ギターは、開放弦から12フレットまでが
ちょうど1オクターブとなっています。

ですから、この間で長音階を作ることができるんですね。

例えば①弦を使うと、下記のようにホ長調の音階を作ることができます。

押さえる場所は、次のようになります。

そして、全く同じポジションで弦を変えれば
別の調の長音階を弾くことができます。

②弦であればロ長調。

③弦はト長調。

④弦はニ長調。

⑤弦はイ長調。

そして⑥弦は、①弦の2オクターブ下のホ長調です。

これらを一通り、実際に音を出しながら確認していくと
少しずつギター上での音程の関係が肌で分かるようになりますよ。

◆今日のまとめ

今日は、①~⑥弦までの各弦で長音階を作ってみました。

どの弦も同じポジションで長音階を作れるというのは
フレット楽器ならではの特徴でもあります。

また、このように開放弦の音を主音にして音階を作ると
音程の関係も分かりやすくなってくると思います。

さて、開放弦を主音にして長音階を作れるということは
同じ要領で短音階を作ることもできます。

明日は、短音階をテーマにしますので、
それまでの間、どのポジションを押さえることになるのか
ご自身でも調べてみてください。