これまで、長音階と短音階の特徴や違いを見てきましたが、
今日は、それぞれの関係について調べていきましょう。

この関係性を把握しておくと、曲の調性がすぐに分かるようになりますよ。

◆長音階と短音階の主音

以前に、
「ドから始まるのが長調の音階でラから始まるのが短調の音階」
というお話をしましたね。

これが最もシンプルな説明になるのですが、
もう少し音楽理論っぽい表現をすると、

『長音階の主音の短3度下の音が、短音階の主音になる』

ということになります。

“長音階の主音” というのが「ド」ですから、
この短3度下にあるのが「ラ」、つまり “短音階の主音” になるわけですね。

楽譜でも確認しておきましょう。

まずはハ長調(ドが主音)の音階。

続いてイ短調(ラが主音)の音階。

どちらも、♯や♭などの調号がつきませんね。

つまりハ長調とイ短調は、
『どちらも調号なしで書き表せる調』ということになります。

言い換えると、どちらも調号ゼロの調ですね。

このように、調号の数が共通している長調と短調を
『関係調』または『平行調』と呼びますので覚えておきましょう。

◆ギターでよく使われる調

では、ギターでよく使われる長調の音階と、
その関係調にあたる短調の音階をまとめておきます。

まずは、♯1つの調です。

次に♯2つの調です。

次に♯3つの調です。

次に♯4つの調です。

最後に♭1つの調です。

楽譜で確認できたら、実際にギターでも音を出してみましょう。

◆今日のまとめ

今日は、長音階と短音階を “関係調” という括りで見てきました。

原則として、調号がない場合はハ長調かイ短調、
♯が1つならト長調かホ短調など、調性は決まっているものです。

ですので、今日取り上げた音階の調性を覚えておくと、
練習している曲が何調なのかを素早く判断できるようになりますね。

調性の判断は、曲の分析をする上でも重要ですので、
しっかりと覚えておくようにしましょう。