昨日は長音階と短音階を、それぞれ2つのテトラコードに分け
その後半に注目しました。

自然長音階と旋律短音階の上行の場合、
後半のテトラコードは共通していましたね。

今日は、前半のテトラコードに注目してみます。

すると、長調と短調の決定的な違いが分かりますよ。

◆長調と短調を決定づけるのは

まずは長音階と短音階を改めて確認しておきましょう。

長音階のテトラコードは、こうなっていましたね。

対して、短音階のテトラコードは、こうなっていました。

では、前半のテトラコードだけを取り出してみましょう。

まずは長音階です。

続いて短音階です。

音で確認してみると、違いは明らかだと思います。

ここで重要なのは、主音であるラから数えて3番目の音、
つまり『3度の音であるドが調の性格を決めている』ということです。

●3度の音が分かれ道

改めて前半のテトラコードを確認すると、長音階では

主音のラと3度のドの間隔は「全音+全音」、
つまり『長3度』になっていますね。

それに対して短音階では、

主音のラと3度のドの音の間隔は「全音+半音」、
つまり『短3度』となっています。

これをまとめると、

  • 主音から見て “長3度” の音を含んでいるのが『長音階』
  • 主音から見て “短3度” の音を含んでいるのが『短音階』

ということになります。

これは、かなり大きなポイントとなりますので、
しっかりと覚えておいてくださいね。

◆今日のまとめ

今日は、長調か短調か、その性格を決定するのが
3度の音であるということを見てきました。

そのため、この3度の音を『性格音』と呼ぶこともあります。

これを分かっておくと、、長調の曲を短調にしたり
逆に短調の曲を長調にしたりすることもできるようになりますから
よく仕組みを覚えておきましょう。