昨日は、“自然短音階” と “和声短音階” という
2つの短音階を取り上げました。

しかし、短調にはもう一つ、ぜひ知っておきたい音階があります。

どのような音階なのか、早速見ていきましょう。

◆旋律短音階

第七音を半音上げる和声短音階にすることで
導音~主音の流れは、より強いものになりました。

しかし、それによってちょっと困った問題も起きるのです。

和声短音階はこのようなものでしたね。

これを、2つのテトラコードに分けるとこうなります。

ソを半音上げたことにより、手前のファとの音程が
「全音+半音」と、かなり広くなってしまっていますね。

こうなると、音程が開きすぎて歌いにくくなります。

では、後半のテトラコードを取り出して確認しておきましょう。

音で確認すると、ファとソ♯の開きがよく分かると思います。

ここまで開くと、ギクシャクした印象になってしまうんですね。

そこで、ファの音にも♯をつけてみたのが下の譜例です。

ファが♮のときに比べて、ずいぶんスムーズに感じるのではないでしょうか。

これを、ラの音から並べると次のようになります。

さらに、音程を調べるとこうなっています。

後半のテトラコードは「全音・全音・半音」となっていますから、
これなら歌いにくくはありませんね。

このように、和声短音階を歌いやすくしたもの、
つまり旋律としてスムーズにしたものを
『旋律短音階』と呼びますので覚えておきましょう。

●音が下がるときには

第六音のファと第七音のソを半音上げるのが
旋律短音階の大きな特徴なのですが、
これは音が上がっていくとき、つまり上行の場合に限ります。

音が下がるとき、つまり下行の場合は自然短音階を使うのが一般的です。

上行と下行を続けると、こうなりますね。

なぜこうなるかについては、明日詳しくお話しますが、
今日のところは上行と下行で音が変わるということを
覚えておいてください。

◆今日のまとめ

今日は “旋律短音階” について見てきました。

短調の音階には、

  • 自然短音階
  • 和声短音階
  • 旋律短音階

の3種類がありますが、中でも最もよく使われるのが
今日取り上げた旋律短音階です。

ですので、これをしっかりと覚えておきましょう。