昨日は “短調の音階” を取り上げましたね。

実を言うと、この短調の音階は
いくつかに分類することができます

今日は、その内の二つを見ていきましょう。

◆自然短音階

昨日取り上げた、この音階。

これは素直にラの音から順番に音を並べたものなので
『自然短音階』と呼ばれています。

ラから始まるのが短音階なので基本的にはこれで良いのですが、
一つ問題点があります。

それは第七音と第八音、つまり『導音と主音の関係』です。

そこだけを取り出すと、こうなりますね。

ソからラに行くので、これで間違いではないのですが
主音を導く力は、やや弱くなってしまっています。

その理由は、この二つの音程が “全音” だからなんですね。

長調の音階では、導音と主音に当たる “シとド” の音程は半音でした。

そのほうが、主音を導く力は強くなるわけです。

そこで、短調の音階でも、導音のソを半音上げるとこうなります。

全音のときよりも、主音のラを導く力が強くなっていますね。

このように、導音を半音上げた短音階を…

◆和声短音階

『和声短音階』と呼びます。

“和声” というのは、和音が連続したものを指していて、
そのルールをまとめたものを『和声学』とか『和声法』と呼びます。

和声学については、いずれ取り上げる予定ですが、
この中で、主音が元になった和音を導く和音には
(短調の場合)ソ♯が欠かせません。

そこで、自然短音階よりも和声的な要素が濃いことから
和声短音階という名がついているわけです。

この和声短音階をまとめておくと、次のようになります。

◆今日のまとめ

今日は、“自然短音階” と “和声短音階” を取り上げました。

どちらも短音階であることには変わりないのですが、
実際に音で確認してみると印象が違いますね。

実を言うと、短音階にはもう一つ別のものがあります。

それについては、明日取り上げてみましょう。