今日からは『短調の音階』について調べていきましょう。

“短調” というのは、いわゆる暗く寂しい響きを持つ調ですが
これも音楽の魅力を形作る大切なものです。

どういう仕組みになっているのか、詳しく見ていきましょう。

◆短調の音階は

これまで見てきた “長調の音階” を階名で表すと
「ドレミファソラシド」でしたね。

それに対して “短調の音階” は
「ラシドレミファソラ」という並びになります。

楽譜にすると、こうなりますね。

細かいことは追って説明していきますが、今の時点では

  • ドから始まるのが長調の音階
  • ラから始まるのが短調の音階

と、シンプルに覚えておいてください。

●音程の関係を見ていくと

短調の音階を2つのテトラコードに分解すると、次のようになります。

  • 前半が、全音・半音・全音
  • 後半が、半音・全音・全音

という並びになっていますね。

さらに、長調の音階と同様、
各音階の音は次のように呼ばれることもあります。

  • 第一音と第八音が、主音
  • 第四音が、下属音
  • 第五音が、属音
  • 第七音が、導音

ということですね。

まずは、ここまでを確認しておいてください。

◆今日のまとめ

今日は、短調の音階について見てきました。

今の時点では、シンプルに『ラから始まる音階』と
覚えておけば良いでしょう。

しかし、実はこの短調の音階、もう少し複雑な要素も出てきます。

それについては、明日以降で取り上げていきましょう。