昨日の「3度音程」に次いで重音などでもよく出てくるのが
『6度音程』です。

これも目にする機会が多い音程ですので
しっかりと覚えておくようにしましょう。

◆6度音程を分解すると

6度というのは、次の譜例のようなものでしたね。

「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ」と6つの隔たりがあるので6度と呼びます。

では、この音程を分解してみましょう。

4つの全音と1つの半音を含んでいますね。

その一方で、次のような6度もあります。

3つの全音と2つの半音を含んでいます。

3度と同様、6度も2種類のものが存在するわけです。

ドとラのように、2つの音の距離が長いものを『長6度』
ミとドのように、2つの音の距離が短いものを『短6度』と呼びますので
覚えておいてくださいね。

●長6度は

長6度は、先程紹介した「ドとラ」の組み合わせと

「レとシ」、

「ファとレ」、

「ソとミ」、

などの組み合わせがあります。

●短6度は

短6度は先程の「ミとド」、

「ラとファ」、

「シとソ」、

などの組み合わせがあります。

◆今日のまとめ

今日は『6度音程』についてお話しました。

3度と同様、6度にも『長6度』と『短6度』の2種類があります。

これらの関係性については、明日もう少し詳しく掘り下げていきましょう。