『3度音程』は、重音でもよく出てきますので
耳にする機会も多いと思います。

また、音楽的にも重要な音程ですので
ここで詳しく理解しておきましょう。

◆3度音程を分解すると

まず、3度というのは次の譜例のようなものでしたね。

「ド・レ・ミ」と3つの隔たりがあるので3度と呼ぶわけです。

では、この音程を分解してみましょう。

2つの全音が含まれていますね。

ところが、レを基準にすると次のようになります。

今度は、1つの全音と1つの半音を含んでいます。

このように、同じ3度でも2種類のものが存在するわけです。

ドとミのように、2つの音の距離が長いものを『長3度』
レとファのように、2つの音の距離が短いものを『短3度』と呼びます。

●長3度は

長3度は、先程も紹介した「ドとミ」の組み合わせと

「ファとラ」、

「ソとシ」、

などの組み合わせがあります。

●短3度は

短3度は、先程の「レとファ」、

「ミとソ」、

「ラとド」、

「シとレ」、

などの組み合わせがあります。

◆今日のまとめ

今日は『3度音程』についてお話しました。

3度には『長3度』と『短3度』の2種類がありますが
この違いは、音階や和音を理解する上でも非常に重要です。

詳しいことは別の機会に説明しますが、
ここでは、この2種類があるということを覚えておいてくださいね。