4度と同様、5度にも完全音程の場合とそうでない場合があります。

今日は、そこを詳しく見ていきましょう。

◆完全5度を分解すると

完全5度とは、次の譜例のようなものですね。

4度のときと同様、これを分解すると次のようになります。

つまり、3つの全音と1つの半音を含むのが “完全5度” なのです。

では、他の音を基準にした場合も見ていきましょう。

●レを基準にすると

やはり3つの全音と1つの半音を含んでいますね。

以下同様に、

●ミを基準にすると

●ファを基準にすると

●ソを基準にすると

●ラを基準にすると

と、ここまで全て3つの全音と1つの半音を含んでいますね。

●シの音を基準にした場合だけは

このように、2つの全音と2つの半音を含む形となります。

つまり完全5度よりも、音と音の間隔が “減って” しまっていますね。

そこで、このような5度のことを『減5度』と呼びます。

ちなみに、シを基準にしていても次のような場合は完全5度になります。

どちらも変化記号がつくことで、3つの全音と1つの半音を含んでいますね。

◆完全5度を転回すると

2つの音がある場合に、片方の音をオクターブ上げたり下げたりすることを
『転回』すると言います。

そして、完全5度を転回すると完全4度になり、
完全4度を転回すると完全5度になるということは以前にもお話しましたね。

・完全5度を転回すると
・完全4度になる

では、今日出てきた “減5度” を転回するとどうなるでしょう?

・減5度を転回すると…

このように、増4度となります。

ということは、増4度を転回すると減5度になるわけですね。

このように、完全音程の場合は転回しても完全音程のままですが
減音程を転回すると増音程に、増音程を転回すると減音程になりますので
これも併せて覚えておいてください。

◆今日のまとめ

今日は、完全5度と減5度についてお話しました。

また、5度と4度は表裏一体ともいえるのですが
完全音程は転回しても完全音程となり、
減音程は転回すると増音程に、増音程は転回すると減音程になるという
関係性も覚えておきましょう。