昨日は『完全音程』を取り上げ、
その中で『完全4度』というものもご紹介しました。

しかし、4度であれば全て完全音程なのかというと、
実はそういうわけでもありません。

完全ではない4度も存在するんですね。

一体どういうことなのか、詳しく見ていきましょう。

◆完全4度を分解すると

完全4度というのは、次の譜例のようなものでした。

ドから数えるとファは4番目の音ですから、4度ということですね。

これをもう少し細かく分解すると、次のようになります。

ドとレの間が「全音」、レとミの間も「全音」、
そしてミとファの間が「半音」です。

つまり、“2つの全音” と “1つの半音” を含んでいるものが
『完全4度』
ということになるのです。

これ、大事なポイントなので覚えておいてください。

では、他の音だとどうなるのかも見ていきましょう。

●レの音を基準にすると

順番は変わりますが、やはり2つの全音と1つの半音を含んでいます。

●ミの音を基準にすると

これも同じく、2つの全音と1つの半音を含んでいますね。

では、以下同様に

●ソを基準にすると

●ラを基準にすると

●シを基準にすると

と、全て2つの全音と1つの半音を含んでいるわけですね。

しかし、ここまでで1つ飛ばしていることに氣がつきましたか?

そう、ファから始まっている例がありませんね。

●ファの音を基準にした場合だけは

このように、全音が3つ並ぶことになります。

そしてこれが、『完全ではない4度』なのです。

つまり同じ4度でも、完全4度ほどには美しく響き合わないんですね。

この音程は完全4度よりも音と音の間隔が “増えて” いるので
『増4度』と呼びます。

ちなみに、ファから始まっていても次のような場合は完全4度になります。

シに♭がついていれば半音下がりますから
2つの全音と1つの半音という形になりますね。

同様に、次のような場合も完全4度になります。

今度はファに♯がついていますね。

このように、変化記号がつくと条件は変わってきますので
それも併せて覚えておいてください。

◆今日のまとめ

今日は、完全な4度と完全ではない4度ということで
『増4度』というものを取り上げました。

変化記号さえつかなければ、増4度になるのはファを基準にした場合だけで
それ以外は全て完全4度ということになります。

ですから、増4度は例外的に捉えておいても良いですね。

また、“増” という呼び方は難しそうに思えるかもしれませんが
音と音の間隔が増えているというだけの単純な話です。

意味合いさえ分かっておけば、そんなにややこしくはありませんから
一つずつ理解していきましょう。