音程は、いくつかのタイプに分けることができるのですが、
その中でも真っ先に覚えておいてほしいのが『完全音程』です。

「何が完全なのか?」

というところから、早速説明していきましょう。

◆完全音程とは

2つの音を同時に鳴らしたときに、まったく濁ることなく
キレイに響き合う音程を “完全音程” と呼びます。

『完全協音程』と呼ばれることもあるので、併せて覚えておきましょう。

完全音程には、次の4つがあります。

●完全1度

1度というのは同じ音のことですから、 完全に響き合うのは当然ですね。

もし響きが濁るとしたら、チューニングが狂っていることになります。

●完全8度

8度、つまりオクターブは高さこそ違っても同じ音ですから
これもやはり完全音程です。

●完全4度

続いて、4度も完全音程です。

やはりこれも、キレイに響き合います。

●完全5度

そしてもう一つの完全音程が、5度です。

そして実は、完全4度と完全5度には深い関係があるんです。

●高さを変えてみると…

確認しておくと、完全4度は次のように数えることができます。

ドの音から数えて4番目の音がファですので、これを4度と呼ぶのでしたね。

では、ドをオクターブ上げてみるとどうなるでしょう?

あ~ら不思議、5度になりました(笑)

今度は逆に、5度を入れ替えてみましょう。
まずは、こちら。

ドから数えて5番目の音がソですね。

では、ドをオクターブ上げてみましょう。

4度になりましたね。

つまり、4度と5度は同じものの表と裏のような関係なのです。

ですから、4度が完全音程であれば、
5度も完全音程ということになるわけですね。

この関係性も併せて知っておくと、覚えやすいですよ。

◆今日のまとめ

今日は、完全音程を取り上げました。

1度と8度は同じ音の組み合わせですし、
4度と5度も関係性は共通していますから、
その意味では、「完全音程は2種類」ということもできます。

なんといっても「完全に響き合う」という
とても重要な音程ですから、しっかりと覚えておいてくださいね。