音と音の隔たりのことを『音程』とよびます。

そして、この音程についての知識は、
音階や和音を理解するための重要な土台となります。

そこで今日は、音程の基本的な数え方を見ていきましょう。

◆音程を数える単位

音程を数えるときには「度」という単位を使います。

例えば、次の譜例のように同じ音が並んでいる場合は
『1度』という呼び方をします。

1度は、「同度」とか「ユニゾン」と呼ぶこともあるので
併せて覚えておくと良いでしょう。

次に、2つの音が隣り合っている場合には
『2度』と呼びます。

以下、同様に
『3度』

『4度』

『5度』

『6度』

『7度』

『8度』または『オクターブ』

と数えていきます。

9度以上も数えることはありますが、
まずは8度までをしっかりと見慣れておくと良いでしょう。

●こんなことに注意しましょう

例えば、ドの音から見るとレは “1つ上の音” です。

しかし、“1度上の音” ではありませんね。

というのも、“1度” というのは “同じ音” を指すわけですから
それを “上” とか “下” と表現するのは間違いです。

ですので、 ドの音から見るとレは “2度の音” というのが正解です。

この辺りが一般的な数え方とはちょっと違いますので
氣をつけておいてください。

◆今日のまとめ

今日は、音程の数え方の基本を説明しました。

実は他にも細かいルールがいくつかあるのですが、
まずは1度、2度…という数え方に慣れるところから始めていきましょう。