昨日は「変化記号」についてお話しましたが、
この記号は使われる状況によって呼び方が変わることがあります。

その一つが『臨時記号』

この呼び方を目にすることも多いと思いますので
今日はこの臨時記号にスポットを当ててみましょう。

◆臨時記号とは

その名の通り、臨時で使われる変化記号を指します。

次の譜例のようなものですね。

このように、曲の途中に出てきて臨時で使われる記号が『臨時記号』です。

ちなみに、次の譜例のように音部記号の右側に書かれる場合は
『調号』 もしくは 『調子記号』 と呼ばれます。

『臨時記号』は、あくまでも臨時での効果しかありませんが、
『調号』の場合は変更がない限り効果が続きます。

●臨時記号の効力

臨時記号の効果が及ぶのは、
原則として『同じ小節内の、同じ高さの音』に限られます。

例えば、次の譜例を見ると、1小節3拍目のソに♯がついていますね。

この場合、1小節4拍目のソは♯のままですが、
2小節3拍目のソは♮となります。

小節が変わると臨時記号の効力はなくなるので
2小節目のソには何も書かなくても良いのですが、
混乱を避けるために♮をつけるのが通例です。

もちろん♭の場合でも同様です。

高さが変わると…

先程、臨時記号の効力は
『同じ小節内の、同じ高さの音』 に限られるとお話しましたが、
同じ小節内であっても高さが変われば、その効果はなくなります。

例えば次の譜例のような場合、

3拍目のドに♯がついていますが、4拍目のドはオクターブ高いので
改めて♯をつける必要があるわけです。

♭の場合も同様です。

2拍目のシに♭がついていますが、3拍目のシはオクターブ高いので
改めて♭をつける必要があるわけですね。

タイがつく場合は…

タイがついたときには小節が変わっても臨時記号の効力は続きます。

1小節4拍目のドに♯つき、そこからタイでつながっていますので
2小節1拍目のドも♯になります。

しかし2拍目以降はその効力がありませんから、
必要に応じて♮や♯をつけないといけません。

♭の場合も次の譜例のようになります。

◆今日のまとめ

今日は『臨時記号』を取り上げました。

原則は『同じ小節内の、同じ高さの音にのみ有効』ということですので
これをしっかりと覚えておいてください。