何やら、難しそうな言葉が出てきましたが
これは音階を理解するために大切な要素となるので
ぜひ、嫌がらずに読み進めてみてください。

もちろん、楽譜をスムーズに読むためにも役立ちますからね。

◆幹音とは

この名前が示すとおり「幹になる音」のことです。

具体的には、

このように、♯や♭などの記号がつかない音ですね。

ピアノやオルガンなどの鍵盤楽器であれば
「白鍵で鳴らす音」ということになるのですが
ギターの場合は白鍵も黒鍵もありませんから
直接、楽譜で確認しておきましょう。

そして実は、この幹音の中に重要なポイントが隠されています。

それが・・・

●半音と全音

「ドレミファソラシド」という音階の中で
それぞれの音の高さの間隔は全て同じではありません。

間隔が狭いところと広いところがあるんです。

その、間隔が狭いところを『半音』
間隔が広いところを『全音』と、それぞれ呼びます。

そして、『全音』は『半音2つ分の間隔』となります。

どういう並びになっているのかというと、

上の譜例のように、『ミとファの間』と『シとドの間』が半音
それ以外は全て全音です。

ちなみに、ギターのフレットは半音毎に区切られています。

④弦の2フレットは「ミ」の音ですが、
そのすぐ隣の3フレットは「ファ」の音ですね。

つまり、ここが半音なわけです。

また、②弦の開放弦は「シ」の音ですが、
そのすぐ隣の1フレットは「ド」の音ですね。

これも半音です。

それに対して、②弦の1フレットの「ド」の隣の隣、
つまり3フレットは「レ」の音ですね。

隣の隣ということは、「半音2つ分=全音」となるわけです。

「ミとファ、シとドが半音で、それ以外は全音」と言う関係は
オクターブ上がろうが下がろうが変わりませんので、
これを覚えておくと、ハイポジションで音を探すときにも役立ちますよ。

◆派生音とは

幹音が分かると、派生音もなんとなく分かるのではないでしょうか?

そう、♯や♭がついた音のことです。

♯系の派生音を並べておくと

となります。

これを見ると、「ミの♯」と「シの♯」はありませんが
その理由は分かりますね。

ミの半音上はファですし、シの半音上はドですから、
「ミの♯」と「シの♯」 は通常存在しないわけです。

では続いて、♭系の派生音も見ておきましょう。

ここでも「ドの♭」と「ファの♭」はありません。

ドの半音下はシで、ファの半音下はミですから通常存在しないわけですね。

さて、ここで “通常” 存在しないといっているのは
条件が変わると存在するからなのですが、それはまた別の機会にお話しますので
ここでは基本的な概念を覚えておいてください。

◆今日のまとめ

今日は、幹音と派生音についてお話しました。

先程もお話したとおり鍵盤楽器であれば、白鍵で鳴らす音が幹音で
黒鍵で鳴らす音が派生音ということになるのですが
ギターの場合はその区別がないので、楽譜で確認しておくことが必要です。

といっても、♯や♭などが付くかどうかという違いですので
そんなに難しくはありませんよね。

幹音や派生音という名前もちょっととっつきにくいですが、
少しずつ使い慣れていきましょう。