物を数えるときには必ず “1” から始まりますが
音楽の場合には1拍目以外から始まるケースも少なくありません。

というのも、常に1拍目から始まると単調になってしまうので
変化を持たせるために、他の拍から始める場合があるんですね。

これを『アウフタクト』と呼びます。

今日は、このアウフタクトにスポットを当ててみましょう。

◆アウフタクトとは?

通常は、次の譜例のように1拍目から始まりますね。

1拍目から始まるので安定感があります。

しかし前述のように、常に1拍目から始まるものばかりでは単調です。

そこで、他の拍から始まるというものも生まれてきました。

次の譜例は、4拍目から始まっていますね。

4拍目は通常、弱拍部に当たります。

その弱拍部から始まっているので、アウフタクトのことを日本語では
『弱起』と訳されています。

また、最後の小節は4拍目のみ、つまり1拍しかありませんので
それに対応して最後の小節は3拍目で終わっています。

このように、最後の小節と最後の小節を合計すると
本来の拍数になるようにするのが通例ですので、併せて覚えておいてください。

このように、アウフタクトは弱拍部から始まっているのですが、
これを弱く弾くと、どこから始まったのかが不明瞭になるので
次の譜例のように強く弾くというのが基本です。

ですから実質的には、強拍部が連続することになりますね。

これも曲の雰囲氣によって変わるので絶対とは言えませんが
原則として覚えておいてください。

また、アウフタクトは4拍目からに限ったものではありません。

次の譜例のように4拍目の裏から始まるものも多いですね。

他に、3拍目から始まることもあれば3拍目の裏から始まることもあります。

1拍目以外から始まるものはアウフタクトになりますので
実際の曲で出てきたときには、そのように判断しましょう。

◆今日のまとめ

今日は、アウフタクトを取り上げました。

実際にアウフタクトの曲は数え切れないほどありますので
意識的に見てみてください。

「何拍目から始まっているのか?」ということを把握することは
リズムを正確に取る基本ですから常に忘れないようにしておきましょう。