昨日の続きで、今日も『休符を書くときのルール』を見ていきましょう。

昨日は「4分の2拍子」と「4分の3拍子」の場合を取り上げましたので
今日は「4分の4拍子」のときの休符の書き方を紹介します。

◆休符の書き方のポイントは

やはり大切なことは、パッと見て
『拍子の単位である拍が分かりやすいように書く』
ということですので、そこを意識しておいてください。

●4分の4拍子の場合

4分の4拍子で1拍目に4分音符がある場合は、次のように書きます。

ここでのポイントは、3拍目に2分休符を書くということですね。

最初にお伝えした『拍子の単位である拍が分かりやすいように書く』という
ポイントを踏まえると、つい次のように書きたくなります。

しかし、4分休符が並びすぎると少し見づらくなってしまうので、
3~4拍目は2分休符でまとめるというのが通例です。

ただし、4拍子の場合は中間地点である3拍目がハッキリしないと
拍子をつかみにくいので次のような書き方はしません。

同様に、1拍目に8分音符を書く場合は、次のようになります。

続いて、1拍目と4拍目に4分音符を書く場合は次のようになります。

これも3拍をハッキリさせるために、次のように書き方はしませんから
覚えておいてください。

続いて、1拍目と4拍目に8分音符を書く場合は次のようになります。

下の譜例も、長さとしては同じですが、
拍の位置が分かりにくいのでこういう書き方はしません。

◆1小節まるごと休みの場合

1小節全体が休符の場合には『全休符』を書きます。

4分の4拍子の場合は1小節が4拍ですので当然といえば当然ですが、
他の拍子であっても、全休符を使うので注意してください。

この場合は拍数に関係なく『1小節まるごと休み』という意味となるわけです。

決して次のような書き方はしませんので注意しておきましょう。

◆今日のまとめ

主な休符の書き方のルールは以上となります。

大切なことは何度もお話しているように
パッと見て拍の位置が分かることですので、常にそれを意識しておきましょう。

こういうことを知っておくと、楽譜を書くときにはもちろん、
演奏時に読むときも役立ちますよ。