昨日に引き続き、今日も『休符』をテーマにします。

休符は、パッと見て拍子が分かりやすくなるように
書き方にちょっとしたルールがあります。

これを知っておくと、楽譜を素早く読む助けにもなりますので
ぜひ、覚えておいてくださいね。

◆休符の書き方のポイントは

休符には、『拍子の単位である拍が分かりやすいように書く』という
ルールがあります。

具体的に、各拍子を例にとって説明していきますね。

●4分の2拍子の場合

4分の2拍子で1拍目に4分音符がある場合には次のように書きます。

こう書くと、1拍目と2拍目の位置が分かりやすいですね。

しかし、次のように書くとどうでしょう。

拍数としては合っていますが、ちょっと分かりにくいですね。

4分の2拍子の場合、基準となるのは “4分音符” ですから
それを単位として1拍目と2拍目を明示することが大切です。

次に、1拍目に8分音符がある場合を例にしてみましょう。

こう書くと、1拍目も2拍目も分かりやすいですね。

拍数が合っていても、次のように書くと分かりにくくなります。

こういう書き方はしませんので、覚えておきましょう。

●4分の3拍子の場合

4分の3拍子で1拍目に4分音符がある場合は、次のように書きます。

これで各拍が分かりやすくなりますね。

拍数としては間違いないのですが、通常次のような書き方はしません。

次に、4分の3拍子で1拍目に8分音符がある場合はこうなります。

次のような書き方をすると、各拍の位置が分かりにくいですね。

(Part2につづく)