楽譜の中に登場するのは、音符だけではありませんね。

『休符』も重要な要素の一つです。

でも、意外と軽視されやすいんですね。

演奏の際はもちろん、拍子やリズムを理解する上でも
とても重要なものですから、今日は『休符』をクローズアップしてみましょう。

◆休符とは

私はよく、

「休符は音を出さない音符ですよ」

という説明をします。

“休符” という名前に “休” という文字が使われているので
ついつい休憩するようなイメージを持ちやすいのかもしれません。

でも休符って、決して氣を抜いて良い場所ではないんですね。

休符を、音符と同じかそれ以上に大切にする人の演奏は
総じて丁寧なものです。

また、休符を丁寧に読み取ることで音楽の理解も深まります。

ですから、できるだけ休符は注意深く見るようにしましょう。

◆主な休符

以前にも掲載したものですが、休符の長さを音符と照らし合わせると
下図のようになります。

休符も音符と同様、長い休符から見ると半分に分割したものが短い休符で
短い休符から見ると倍に伸ばしたものが長い休符になります。

それぞれの形と関係性をよく覚えておいてください。

●意外と知らない?4分休符の書き方

4分休符を、上から下に書くものだと思っている人も多いようですが
実は、下から上に向かって書きます。

意外ときれいに書くのは難しいので、練習してみてください。

◆今日のまとめ

上でもお伝えしたとおり、「休符は音を出さない音符」です。

演奏する上でも、とても重要なものですから
しっかりと覚えておきましょう。