昨日は8分音符や16分音符など、
鈎(こう)のついた短い音符のまとめ方をお伝えしましたね。

音符を1拍ごとや2拍ごとにまとめて書くことで
リズムが分かりやすくなります。

では、鈎がない音符の場合はどう書くのか?

そんな疑問も出てくるかと思います。

そこで知っておいてほしいのが『拍子』『小節』

決して楽譜を分かりやすく書くために存在しているわけではないのですが
この2つを知っておくと格段に楽譜を理解しやすくなります。

では早速、この拍子と小節について、詳しく見ていきましょう。

◆楽譜に区切りがないと…

もし、次のような楽譜があったとしたら
大変とらえどころがなくなってしまいますね。

一つずつ見ていけば弾けないことはないですが
どこで区切って良いかも分かりませんし
途中でどこまで弾いたのかも見失ってしまいそうです。

では、次のように書かれていたらどうでしょう。

4分音符2つごとに区切られていますね。

こう書かれていると、「今、どこを弾いているのか」
ということがずいぶん把握しやすくなると思います。

あるいは、こんな書き方をされることもあります。

今度は、4分音符3つごとに区切られていますね。

さらに、こんな書き方もあり得ます。

今度は4分音符4つごとに区切られています。

上から順に、4分音符2つごと、3つごと、4つごとに区切られていますが
最初の何の区切りもない楽譜と比べると分かりやすいことは一目瞭然でしょう。

こんなふうに区切ることで、音のつながりを把握しやすくなるわけですね。

●この区切りのことを…

こんなふうに、縦線で区切られている間のことを『小節』と呼びます。

さらに、小節を区切っている縦線は『小節線』と呼びます。

この小節の中に、どんな音符がいくつ分の長さ入るかで『拍子』が決定されます。

ただ、この拍子は音楽を理解する上でとても重要なものですので
明日、改めて詳しく見ていきましょう。