昨日から「音符を書く」ということをテーマにしていますが
その際に意識してほしいのが『分かりやすく書く』ということです。

中でも、“短い音符” の書き方はよく覚えておきましょう。

というのも、ちょっとした書き方の違いだけで、
分かりやすくも分かりにくくもなってしまうんです。

具体的にはどういうことか、早速詳しく見ていきましょう。

◆短い音符をバラバラに書くと…

ここでいう短い音符というのは、“8分音符” や “16分音符” など
鈎(こう)がついている音符のことです。

例えば、8分音符をバラバラに書くと、こんなふうになりますね。

書き方そのものに間違いはないのですが、
とりとめなく書かれているような印象を受けるのではないでしょうか。

しかし、こんなふうに書くと “まとまり” がつきます。

8分音符を “1拍ごと(4分音符の長さ)” につないでいるわけですね。

あるいはこんな感じで、“2拍ごと(2分音符の長さ)” に
つなげることもあります。

1拍ごとにまとめるか、2拍ごとにまとめるかは
状況によって変わりますが、いずれにせよ
最初のようなバラバラな書き方よりは分かりやすくなりますね。

続いて、16分音符をバラバラに書くと、こうなります。

これも間違いではないのですが、
こうなると8分音符以上に分かりにくいですね。

でも、これも1拍ごとにまとめると、かなりスッキリします。

なぜ1拍ごとにまとめるのかというと、
4分音符が基準になっている場合が多いからなんですね。

また、実際にこのまとめ方が一番分かりやすく感じます。

ですので、次の例のように不規則なまとめ方をしてしまうと
かえって分かりにくくなってしまいます。

16分音符の場合も同様です。

比べてみると、その違いは一目瞭然ですね。

特殊なリズムを打ち出したいときに、
敢えてこういう書き方をすることもありますが
1拍ごと、または2拍ごとにまとめるのが一般的です。

◆8分音符と16分音符が混在するときも

もし、こんな楽譜があったら、
パッと見てリズムを判断することが難しくなります。

しかし次のように書いてあれば、ずいぶん分かりやすいですね。

ところが、こんな書き方だとかえって分かりにくくなってしまいます。

これも違いは一目瞭然でしょう。

同じリズムであっても、書き方によって分かりやすさが大きく変わります。

できる限り分かりやすく書くことを心がけておきましょう。

そうすることで、楽譜を読むときにも判断が早くなってきますからね。

◆今日のまとめ

8分音符や16分音符などの短い音符を書くときには
1拍ごとや2拍ごとなど、リズムのまとまりを意識することが大切です。

それによって分かりやすさが大きく変わりますから
しっかりと覚えておいてくださいね。

しかし、短い音符の場合はこれで良いのですが
長い音符だったらどうすれば良いのか、これも氣になるところだと思います。

そこで明日は、その辺りもテーマにしますので
楽しみにお待ちくださいね。