楽譜が苦手だという人ほど、楽譜を書くことをオススメします。

というのも、「見る」という動作だけでは
楽譜を一面的にしか捉えることができません。

しかし、そこに「書く」という動作が加わることで、
楽譜をより立体的に捉えやすくなるんですね。

「見る」だけでは分からなかったことも
「書く」ことで発見できる、そんなケースも多いんですよ。

ですから、楽譜を書く習慣もつけていきましょう。

そこで今日は、音符の書き方について見ていきます。

◆音符・各部の呼び方

音符も、その部分毎に呼び方が決まっています。

まずは下図を見てください。

音符の黒い「玉」の部分は『符頭』
「線」の部分は『符尾』と、それぞれ呼びます。

上記のように「玉」とか「線」と呼ぶこともありますが
正式な名称も知っておきましょう。

続いて、8分音符などについている「旗」の部分は
『鈎(こう)』と呼びます。

これも普通に「旗」と呼ぶことも多いですが、
正式な名称も知っておいてください。

◆符尾の向きはここで変わる

通常、低い音は符尾を上向きに書き、
高い音は符尾を下向きに書くことが多いです。
(例外もあります)

その境はどこかというと、五線のちょうど中央である『第3線』

ト音記号で表す場合は「ラ」の音までが上向きで
「シ」の音から下向きになるわけですね。

ただし、第3線はちょうど中央ですから、
記譜上のルールとしては「どちらに向けても良い」ということになっています。

まずは、ここまでの基本的なポイントを確認しておいてください。(つづく)