昨日は『楽譜についての超基本』というテーマで
五線の各部の呼び方をお伝えしました。

五線を使うと、様々な高さの音を表すことができますね。

しかし、これだけで十分かというと実はまだ足りないものがあります。

というのも、五線だけでは音の高さの違いは表せても
どの線や、どの間が何の音に当たるのかが不明なんですね。

そこで登場するのが今日のテーマである【音部記号】です。

今日は、様々な音部記号について見ていきましょう。

◆ト音記号

ギターの楽譜を見ると、五線の左端にこんな記号がありますね。

これが『ト音記号』です。

下から二番目の線、つまり第二線を丸く囲むように書かれていますが
この場所が【ト音(ソ)】であるということを表しています。

なぜ「ソ」の音のことを「ト音」と呼ぶのかについては
また別の機会に詳しくお話しますが、
ト音の位置を決定する記号なので【ト音記号】と呼ばれるわけですね。

そしてト音、つまりソの音の位置が決まると、
他の音の位置も自動的に決定されます。

ちなみに、ト音記号のことを『高音部記号』と呼ぶこともありますので
予備知識として頭の片隅に置いておくと良いでしょう。

●その他の音部記号

ト音記号のほかにも『ヘ音記号』(低音部記号)や

『ハ音記号』(中音部記号)

などの音部記号もあります。

しかし、ギターの楽譜で使われるのはト音記号のみですので
ヘ音記号やハ音記号については、
「そういう記号がある」ということだけ知っておけば十分でしょう。

◆今日のまとめ

今日は、音の高さを決定するための記号である
音部記号についてお話してきました。

そして、ギターで使われるのは主に『ト音記号』ですね。

この記号がないと、ドレミの位置も決まりませんので
非常に重要な役割を果たしています。

「ト音(ソ)の位置を表す記号」であるということを
しっかりと覚えておきましょう。