なかなか上手く弾けない部分があると
ついつい、視野が狭くなりがちです。

そんなとき、一見関係なさそうなところを
工夫してみると、それがキッカケで
改善につながることもあるんですよ。