昨日はドラマチックな演奏を取り上げましたが
今日はある意味で、その対極のテーマです。

でも、こっちも大事なんですよ。